やけど 薬 オロナイン

やけどの薬にはオロナインがいい?

スポンサーリンク

やけどしてしまうと、赤くはれてしまったりして、ヒリヒリと痛みがでてきますよね。
まずは、流水でしっかりと患部を冷やすことが重要になりますが、その後の対処方法はどのようにすればよいのでしょうか?
やけどへの対処方法として、オロナインを使うというものがあります。
重度ではなく、軽いやけどの場合であれば、薬としてオロナインを使用するのもよいでしょう。
しかし、こちらを使用する時には1点注意が必要です。
それは、あくまで軽度のやけどの場合のみオロナインを使用するのがよいということです。
ちなみに、やけどは症状の重さに応じて3段階に分けられます。

スポンサーリンク

1段階目は患部が赤くはれる程度の軽いやけどです。
2段階目になると水ぶくれなどもできてしまうような少し症状の重い状態で、お医者さんで診てもらうことが推奨されます。
3段階目は非常に症状が重い場合で、痛みすら感じないような状況のことさします。
オロナインを使用して良いのはこの1段階目までで、2段階目の水ぶくれができているようなときに使ってしまうと、逆に腫れが大きくなったりと、問題が生じてしまうことがあります。
また、最初は水ぶくれができていなかったが、オロナインを塗ってからだんだんとはれてきてしまったという話もあります。
もしも使用後に症状が悪化してしまうようなことがあれば、すぐにお医者さんで診てもらうようにしましょう。
オロナインはやけど以外にもさまざまな肌のトラブルに対して有効だといわれていますが、状況に応じて使い分けるようにしましょう。
あくまでも、軽い症状のときのみに使用は抑えておきましょう。
症状が重いときに使用してしまうと、症状がさらに悪化し、治りが悪くなってしまう恐れがありますので、十分注意が必要です。

スポンサーリンク