やけど 水ぶくれ 破れた 処置

やけどによってできた水ぶくれが破れたときの処置方法

スポンサーリンク

やけどによって水ぶくれができてしまうと、気になってしまってしょうがないですよね。
触らないほうが良いとわかっていてもついつい気になって触ってしまったりすることも多いと思います。
このようにして触っていたりすると、ふとした拍子に水ぶくれが破れてしまうことってありますよね。
また、触っていなかったとしても何かにぶつかったりしたときなどに破れてしまうこともあります。
このように、何らかの原因によって破れてしまった水ぶくれはそのまま放置していてもよいのでしょうか?
何か対処方法があるのであれば、その方法を知っておきたいところですよね。
症状を悪化させたり、跡を残さないための方法は理解しておきたいです。

スポンサーリンク

そもそも、水ぶくれというのはやけどしてしまった部分を保護してくれる役割を果たしています。
これを破いてしまうと、そこから雑菌やウイルスなどが入り込んでしまう恐れがあるので、可能な限り破かないでおくことが重要です。
しかし、どうしても破れてしまうということはあります。
その時には、まず水で破れてしまった部分をしっかりと洗浄し、きれいにしましょう。
きれいにした後は水分をしっかりとふき取り、その後、ワセリン等を塗って、そこにばんそうこうをはったりラップを巻くなどの処置をして患部が乾燥しないようにします。
これによって、傷の治りも早くなりますし、傷口から菌やウイルスが入り込むリスクも減らすことができます。
基本的には水ぶくれを破かないで治療していくことが大切になるのですが、どうしても破れてしまった場合には、きちんと清潔にして、感染症などのほかの病気などにつながらないように気を付けましょう。
きちんと対処しておけば、他の病気になったり、症状を悪化させずに済むので、それらの原因菌などから自分を守ることが大切ですね。

スポンサーリンク