やけど 跡 茶色

やけどの跡の茶色い部分はどう対処すればいい?

スポンサーリンク

やけどをしてしまうと、時間がたって、あとからその部分が茶色くなってしまうことがありますよね。
意外とこの茶色い部分が目立ってしまうことも多く、何とかしておきたいですよね。
この茶色い皮膚に対する良い対処方法などはないのでしょうか?
また、これは放置していても問題がないものなのでしょうか?
やけどには症状の重さ別に3段階に分類があります。
このうち、肌が茶色くなるのは一番軽い段階でみられる症状であるといわれています。
なぜ肌が茶色になってしまうのかというと、その部分の皮膚が再生してきている証拠です。

スポンサーリンク

基本的にはそのままにしていても、だんだんと皮膚が元通りになってきて、茶色い部分は自然にはがれていきます。
皮膚がだんだんと正常な状態に戻ってきていることのあかしなので、これから何か対策をとる必要はありません。
しばらくすると自然に取れていきますので、なるべくいじらないようにしておくのがよいでしょう。
むしろ、せっかく治り始めているところを変にいじってしまうと、治りが悪くなってしまったり、跡として残りやすくなってしまうというリスクがあります。
とはいえ、目立ってしまってどうにかしたいという場合もあるとは思います。
部位にもよりますが、服などでうまく覆い隠すことができればいいですね。
手などの場合はなかなかうまく隠すことが難しいかもしれませんが、あとしばらくの辛抱です。
もうすぐ完治する段階に進んでいるので、もう少しだけ待ってみましょう。
茶色い部分が薄くなっていくまでには多少の時間がかかってしまうかもしれませんが、あまり神経質になりすぎず、じっくりと待ってあげましょう。
ここまで痛みに耐えながら治るのを待ってきたはずです。
きれいに治るまでにはもう少しの辛抱です。

スポンサーリンク