やけど 水ぶくれ お風呂

やけどで水ぶくれができたときはお風呂に入っていい?

スポンサーリンク

やけどをした時に、お風呂に入れるかどうかということが気になると思います。

 

特に、水ぶくれができてしまったときに、どのような点に注意が必要なのかという点について、まとめてみました。

 

まず、結論としては、やけどをしても軽度であればお風呂に入っても問題ありませんが、水ぶくれができた場合は湯船に浸かるのは避けてシャワーにしたほうが良いようです。

 

水ぶくれが破れて傷がある場合や、少し患部がただれている場合は、浸出液と呼ばれる体液が患部から出てきます。

 

これを放置すると、化膿してしまう可能性があるため、よほど重症でない限り、シャワーできれいに洗ったほうが良いです。

 

ただし、水ぶくれがある状態でシャワーを浴びるときに最も注意するべきこととして、水ぶくれを潰さないようにすることがとても重要になります。

 

水ぶくれが潰れてしまうと、その傷口から細菌が侵入し、感染症を起こしてしまう可能性があります。

 

体を洗っている最中や、タオルで拭いているときにうっかりひっかいて、水ぶくれを潰してしまう恐れがあるので、特に注意する必要があります。

 

スポンサーリンク

また、患部に必要以上の刺激を与えることも避けたいので、お湯の温度はすこしぬるめにして、水圧も弱めで、患部には直接当てないようにしたほうが良いようです。

 

さらに、シャワーを浴びた後は、患部を乾燥させないようにすることも重要です。

 

乾燥を防ぐ方法としては、ワセリンを塗るというものがあります。

 

また、キズパワーパッドを貼るのも、とても効果的です。

 

キズパワーパッドは、しっかり肌に密着し、完全な防水加工もしてあるので、お風呂の後の乾燥を防ぐどころか、患部を気にすることなく貼ったままお風呂に入ることもできます。

 

このように、水ぶくれができてしまったやけどは、お風呂に入るときにもさまざまな注意が必要です。

 

跡を残さず、早く治すためにも、皮膚科できちんと診察をしてもらい、お医者さんの指示に従って入浴の方法を決めるのが安心でしょう。

 

スポンサーリンク