やけど 水ぶくれ オロナイン

やけどによる水ぶくれにはオロナインを使っていい?

スポンサーリンク

やけどによって皮膚に水ぶくれができてしまうことがあります。
このときの対処方法としてオロナインを使用するというものがあるようです。
オロナインはどのように使用していけばいいのでしょうか?
実は、やけどをしてしまって水ぶくれになってしまった時にはオロナインを使用しないほうがいいといわれています。
そもそも水ぶくれというのは、やけどによる皮膚の損傷が、皮膚の深い部分にまで進行してしまっているために生じてしまうものです。
軽症であれば表面が赤くなってしまうだけで治まるのですが、水ぶくれになってしまうほど症状が深刻になってしまっているときには、オロナインを使用することによって症状が悪化してしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

そのうえ、火傷の症状が軽いかどうかについてはなかなか判断することが難しい場合がほとんどです。
状況によっては、専門家であるお医者さんの先生でも判断に迷うこともあるようです。
このような状況で、素人判断のみでオロナインを使用するのは危険な場合もあります。
迷った時には病院に行って判断を仰ぎながら治療を進めていく方が確実でしょう。
確かに、オロナインはやけど以外の肌のトラブルに使用されることもあるようです。
時として肌にとっての万能薬のように思われることもあるオロナインですが、使い方によっては症状を悪化させてしまうことにもつながりかねないということは忘れないようにしましょう。
より重要なのは、オロナインを使用することよりもやけどした直後の応急処置です。
これによって症状を軽く抑えて、治療期間を短くすることもできますので、まずは正しい応急処置を行うようにしましょう。

スポンサーリンク