やけど 跡 白い

やけどの白い跡はこれからも残ってしまうの?

スポンサーリンク

やけどの症状が重症だと、かなり大きな跡となってしまうことがあります。
中には治りかけの状態で、皮膚が白くなっているという場合もあります。
この白い状態というのはいつまでも残ってしまうものなのでしょうか?

 

これは、やけどの症状や程度によって異なってくる問題なので、残念ながら一概に言うことはできませんが、残らずにきちんと治ってくれる場合もあります。

 

やけどには症状の重さに合わせて3段階の分類があるのですが、2段階目以降が症状が重いとされています。
広範囲をやけどしてしまって、皮膚に白い跡のようなものができてしまっているひとでも、2段階目の症状であれば、白くなっているのは治りかけの状態であり、今後きれいに治ってくれる可能性は残されています。

スポンサーリンク

しかし、かなりの重症である場合には、その後跡が残ってしまう可能性も否定はできません。

 

これほどの重要であれば、すでにお医者さんの診察を受けていらっしゃる方が多いと思います。
まずは、かかりつけの先生に相談してみることが大切です。
専門家であるお医者さんでも、やけどの程度を正確に判断することは難しいことも少なくないようです。
きちんと診察しないと跡が残るかどうかや、治療の方針なども判断ができないものなので、実際に自分の症状を診断してくれた先生に相談してみるようにしましょう。
そして、先生のアドバイスに従って、じっくりと治療に専念していきましょう。
重症になってしまうと長い戦いになってしまうかもしれませんが、根気強く続けていきましょう。

スポンサーリンク