タバコ やけど 跡

タバコのやけど跡はどのように対処すればいい?

スポンサーリンク

ついついうっかりとしてしまって、寝たばこをしてしまったり、火の粉が当たってやけどしてしまうこともありますよね。
これによってできてしまったやけど跡が気になってしまう人も多いと思います。
このタバコによるやけど跡はどのように対処すればよいのでしょうか?

 

タバコ程度の小さな火でやけどしてしまうのも不思議に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、たばこの表面温度は700℃とも900℃とも1500℃などともいわれています。
いずれにしても、非常に高温ですよね。
お湯でも100℃で沸騰するので、それを考えると非常に高温だといえます。
これが触れてしまえばやけどしてしまっても全然不思議ではないですね。

 

やけどの場合は、すぐに冷やすことによって跡になることをある程度防ぐことができますが、たばこの場合、なかなか対応しきれずにそのまま跡になってしまうことが多いようです。

スポンサーリンク

すでにできてしまったやけどの跡を治療するためには、その部分を保湿してあげることが重要です。
また、栄養もしっかりと摂取して皮膚をきれいな状態に戻してあげる条件を整えましょう。
ビタミン類をきちんと補うことによって、皮膚の回復を助けてあげることができます。

 

皮膚の回復にはビタミンB群やビタミンCなどが特にも必要になってきます。
これらをしっかりと補って、やけど跡を少しずつ元通りにしていきましょう。

 

また、回復するときにその邪魔をしてしまうのが紫外線だといわれています。
栄養や保湿に加えて、紫外線対策も行うと、より治りが早くなっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク