赤ちゃん やけど 程度

赤ちゃんのやけどの程度を判断するには?

スポンサーリンク

お料理をしているときに、お湯や油がはねてしまったりしてやけどをしてしまうということはあると思います。
小さな赤ちゃんの場合であればそのリスクは大人に比べれば低いのかもしれませんが、現代ではストーブやこたつ、アイロンなど、熱を持っている電化製品はたくさんありますし、思わぬことで赤ちゃんがやけどをしてしまうこともあるでしょう。

 

赤ちゃんはやはり大人に比べて繊細ですし、肌もデリケートですよね。
もしもやけどをしてしまうと非常に心配ですし、どの程度の症状なのか判断する方法があるのであれば知っておきたいですよね。

 

しかし、赤ちゃんのやけどの症状やその重さについて判断することは非常に難しいです。
大人であれば、赤くなっているだけなのか、水ぶくれになっているかなどをみてある程度は判断がつく場合もあるのですが、それでも正確に判断すること難しいとされています。

スポンサーリンク

赤ちゃんの場合は見た目よりも症状が重くなってしまっていることもあるので、素人の判断で決めてしまうのは非常に危険です。
きちんとお医者さんに診てもらって必要な治療を受けるようにしましょう。

 

お医者さんにはやけどしてからなるべく時間を置かずに早めに連れていってあげることが重要です。
連れていくまでには、しっかりとやけどした部分を冷やしてあげて、すぐに病院に連れていってあげましょう。

 

ちょっとしたやけどだと思っても、実は意外と熱が皮膚の深い部分に達してしまっていることもあります。
大切な赤ちゃんのためにも、しっかりと診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク